スポンサードリンク

軸回転を正しく

飛距離を伸ばすうえで重要な要素の1つがスイング時の体の軸回転です。バックスイングする時に頭を動かさないように意識するあまり顔の向きが固定されてしまうと、充分な軸回転が得られないまま軸足に重心が残り、ボールに力を伝えることができません。男子プロに負けない飛距離を出す多くの女子プロは体の軸回転にあわせてしっかり肩が回転しています。

正しい軸回転を身につける方法としては、バイザーと2つのボールを利用した練習があります。通常のティーの後方1mの位置にもう1つボールを置き、バイザーのつば部分が後方のボールの方に向くように意識してスイングすると、体の重心移動にともなってしっかり軸が回転しているのが実感できるでしょう。

ダウンスイングは下半身から

遠くまで飛ばせる人のスイングは、ダウンスイングが下半身の動きでリードされ、インパクトの瞬間もしっかりと腰が回っています。一方で飛距離に伸び悩む人は、腰が回転し切らないままの「手打ち」になっているケースが多く見られます。

正しい下半身の動きを身につけるためには、左手で自分の右の腰部分を掴んだまま、右手だけでスイングを繰り返すのが効果的です。腰を掴んだままダウンスイングすることで自然と腰が周り、理想的な下半身のリードを身につけることができます。

ミート率を改善する

ミート率とは、ボールの初速÷ヘッドスピードで算出される数値です。理想的なミート率は「1.45~1.5」前後と言われ、多くのプロゴルファーもこの範囲に収まっています。

ミート率を上げるには、宮里藍選手が提唱している、ポテトチップをくわえたまま割らずにスイングする方法があります。実際にやってみると最初は難しいものの、スイング時に余計な力が入っていた部分に気づき、より自然にボールの芯を捉えられるようになります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ