スポンサードリンク

スライスの原因

主に3つに分けられるスライスのパターン。いずれも原因はインパクトの瞬間にフェースが開く「オープンフェース」

スライスには大きく分けて3つのパターンがあります。ドライバーで打ったボールが一度左に飛び出していく「プルスライス」、最初は真っすぐ飛ぶものの途中から右に曲がっていく「ストレートスライス」、打ち出しからボールが右に飛び出し、さらに右に曲がっていく「プッシュスライス」です。

この3タイプはスイング軌道によっても変わってくるのですが、いずれも共通する原因は、インパクト瞬間にフェースが開いていること。クラブのヘッド部分がボールの飛ぶ方向より右向きに角度がついているため、ボールに右回転が加わってスライスを引き起こします。

スライスの対策

オープンフェースを防ぐには、前傾姿勢でのスイング練習が効果的。ラウンド中にスライスしたらグリップを見直すのが◎。

スライスの原因となるオープンフェースは、インパクトの前に頭が上がったり、肩が早く開いたり、上半身が早く起き上がり過ぎてしまうことによって起こります。こうした動きを修正するための1つの方法が、前傾姿勢によるスイングの練習です。

普段より前かがみに構え、その姿勢のまま上半身が起き上がるのに耐えるようにスイングすると、肩と腰がそれぞれ背骨と地面に対して水平になり、フェースが開くのを防ぐことができます。また、ラウンド中にスライスし始めてしまった場合は、強く握り過ぎたグリップが原因になっていることがよくあります。左手親指の上に右手の生命線を載せるようなイメージで軽く握り直すと修正しやすくなるでしょう。

「超前傾スイング」参考動画

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ