スポンサードリンク

初心者向けの飛距離重視ドライバー

これからゴルフを始める方や経験の浅い方がドライバーを購入する場合、価格を基準に手軽な入門モデルを選ぶのも1つの方法ですが、「どうしても飛ばしたい」という場合は、やはりそれなりのモデルを選びたいものです。初心者でも扱いやすく飛距離アップも狙えるおすすめのドライバーをご紹介します。

・テーラーメイド M2ドライバー TM1-216(実売価格:5万4000円前後)
高弾道・低スピンが特徴のモデルです。重心位置を最適化したグラファイト・コンポジット・クラウンという形状が採用されており、スイートエリアが大きいため、初心者でも安定して飛距離を出すことができます。

・テーラーメイド SLDR S ドライバー(実売価格:2万1000円前後)
手軽に購入できる価格で、多くのゴルフショップのWebサイトで売れ筋ランキングに入っているモデルです。重量約300g、ロフト角10°と初心者でも扱いやすい設計で、安定して飛距離を出すことが可能です。

・タイトリスト VG3ドライバー VG50 2016年モデル(実売価格:8万円前後)
エネルギー効率を高める中心軸重心設計と、インパクト時にソールの溝がたわむことによってボールの初速アップとバックスピン量を最適化する「アクティブ・リコイル・チャンネル」という独自のテクノロジーを採用。シリーズ中で最大の飛距離を誇るモデルです。

・ナイキ VR-S COVERT 2.0 ドライバー(実売価格:1万5000円前後)

スタイリッシュなデザインと使い勝手の良さが多くの利用者から支持されているモデルです。2014年モデルということもあり、中古品の取り扱うネットショップでも人気を集めています。

・ブリヂストン J715-B3 ドライバー(実売価格:2万4000円前後)

飛距離につながる初速が出やすく、重量調整ネジによってヘッドの重量だけでなく重心核や重心の深さもコントロールできるのが特徴です。飛距離に加えて、球筋を打ち分けたい中級者以上にも人気のモデルです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ